論題はそこなのか?
検索・フォント調整 ×

スポンサーサイト
【--/--/-- 】   スポンサー広告  
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/?overture" target="_new
記事内のユーザータグ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【2008/12/01 】   未分類      トラックバック(1)   コメント(3)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-57.html
記事内のユーザータグ

け~ねたん今回は
動物愛護・自然保護
という似てる言葉について、考えようというわけですが・・・ まずは二つの定義みたいなものを・・・・
NOW PRINT二つを定義するために、
二つを同質化して考えている人がいると思うから、その違いを私なりに説明したいんだけどいいかな?
け~ねたんどうぞ・・・・・今回は聞き手なんで、サクっと
NOW PRINT動物の映像でライオンが草食動物を捕食することがあるよね?
でも、放送のテーマ次第で抱く感情がまったく変わってくる。
当然、ライオンをテーマにすれば、ライオンも他の動物を捕食して食べるしかないから捕食行動について問わないし、残虐とは思わないことが多いね。
冥王星まぁ、そうですね。ライオンを特集する番組ならばそうなるでしょうね。
NOW PRINT>一方、捕食される側の草食動物を特集する番組ではライオンの捕食行動に対して冷静に見ていられるとは言えないことが多いよね?
冥王星まぁ、子供さんとかは騒いじゃうでしょうね。
NOW PRINT>これは感情だから仕方ないと思うんだけどね。
自然保護・動物愛護という精神はそういう視点の偏りがあってはならない、と思うの
冥王星と、いいますと?
NOW PRINT>野生のキツネが野うさぎを捕食しようとしていて、冥王星君はどうする?
冥王星オイラはそれを放置しますね。自然淘汰の原則からしてもキツネが野ウサギを捕食してゆくのは自然なことですから
NOW PRINT>子供にそういう教育できる?まだ幼い子供相手だよ?
冥王星難しいですね。概念的に食物連鎖は分っていますが、捕食される動物のことを考える教育もするべき・・・というスタンスですからね。
NOW PRINT>そうだよね。でも、冥王星君は自然の原理原則というものを尊重する。
これは自然保護の視点なんだよね
冥王星え?どういうことですか
NOW PRINT>自然のあるがままの姿を尊重したから。
そこで行われた食物連鎖に介入しなかったから
冥王星ふむ。
NOW PRINT>でも、食物連鎖に介入しないことが正しいわけじゃないよ。あくまでもそれが自然保護の見方の話ね
冥王星では、人為的な災害によって動物の生命が脅かされるケースは?
NOW PRINT>それは人間が自然と関わって変質した環境であって、人間の責任があると考えることができるでしょ?
だから、そのケースの生命は可能なだけ人間の努力で守られるべきだと思う
冥王星つまり、自然保護と動物愛護は個体間の差別的な愛情を持たないこと、ということですか?
NOW PRINT>それもあるけど、「自然」のあり様を尊重した上で動物を愛せる気持ちだね。
冥王星自然破壊してまで存続してしまう動物は愛護の対象ではないと?
NOW PRINT>正直、そうとも言える。
動物愛護は時に自然環境を破壊することで他の動物の生態系を破壊することがある。
冥王星クジラ・外来生物とかですね
NOW PRINT>だね。人間の都合で持ち込まれ・保護された結果、生態系が破壊されちゃう事例は多い。
でもそれが一面の動物愛護という精神性に原因がある。
こういう言質は「動物愛護」否定とも解釈されるけど、私はそう思ってる。
冥王星姉さんはオイラと同じ動物愛護を嫌悪してますもんね。
NOW PRINT>嫌悪ではないけど、愛護という名の支配・束縛でしかないと思ってる。だから動物愛護は詭弁としか思ってない
でも自然保護は別。自然保護は総合的な地球環境まで想定した概念だからね。それで被害を受けるのはまずは人類・増えすぎた動物群などだから、私は仕方ないと思う。
冥王星そういう教育指導できます?
NOW PRINT>正直難しいね。
”「自然」って何かな?”
という永遠に解答できない問いかけを続けることによって、教育指導になると思う。
それを考えない人生もありだけど、それを考え続ける人生は非常に有意義だと思ってる。
冥王星君も「解答がない回答」という指導方法を否定しないはずだから、許してもらえるだろうけど
冥王星でも、動物の差別愛というのは「差別」からして難しい問題だと思うんですけど?
NOW PRINT>冥王星君はさ。人類の個体数の相対的増加については、危険視してるよね?
冥王星正直言えば、ヘンだと思ってます。
自然の一翼として人類が繁栄している現代において人類だけが繁栄を謳歌している現状は動物差別状況でしかないと思います。
はっきり言えば人類の行動の多くが自然破壊と何ら変わらないものとも思ってます。
NOW PRINT>冥王星君にとっての自然の姿というのは人類の現状からして違和感があるのよね。
でも、そういう見方ばかりじゃない。冥王星君のは人類自虐認知と言われるかもしれないね。
冥王星言われたっていいですよ。そういう認知があるからこそ、反面教師で自然保護の意識が出来上がってるわけですから。
批判したければどうぞ。少なくともそういう認知を否定しているくせに何もしない・何を考えてない奴よりはマシだと思うので
NOW PRINT>そうなる。
人類が存続できるのは自然環境あっての話だからね
冥王星えっと、もしかして
動物愛護の視点で考えると人類はどうあるべきか?
という命題がある、
という話にしたいんですか?
NOW PRINT>うん。そう。 人類も動物だからね。動物として特別扱いしていい、なんて根拠はない。 だから、動物愛護の視点では 「人類の個体数・生態について考えない」ケースは、ありえない
冥王星動物愛護のハードルって案外高くないですか?
NOW PRINT>これは私の定義だから・・・
単純に情動に流されてその場限りの愛情でも「動物愛護」と言うこともできる。
でも、それを正しいとは思えない。
冥王星なんか愛国心と似てますね。
世界的規模で自分の国のあり様を考えない愛国心は偏狭な動物愛護と大差ないように思えてなりません。
NOW PRINT>政治的な分野へ持ち込むのはやめてほしいんだけどね。
冥王星感情・情動的な愛国心は、クジラ保護運動と大差ないと思いますが?
NOW PRINT>教育学上のテーマのひとつである「愛情」というのはやはり、そのあり方を問われるわけで、それがガアペーではなくてもマイナス作用が大きくならないように留意する必要性があるね。
冥王星・・・・・・
NOW PRINT>イヤ・・愛国心とクジラ保護は似てるよ。
科学的見地を排斥している部分なんかは見事に一致するし、エゴイズムでしかない部分は一致している部分だからね
冥王星分ってますよ。結局は
思想信条の自由と表現の自由によって暴虐な思想も人類は特別扱いされることによって、正当化できてしまう、
という事実はね。
NOW PRINT>支配者たる人類が, 独裁者の如く君臨している現在、
人類が独裁者としてどれだけ聡明なる「自然管理者」であるのか?
それを問われていることだけは留意しておきたいね。

さて、次回は
「性と生殖活動」について・・・・
同性愛者への応援という置換になりそうな話を・・・・

スポンサーサイト
ドアラ・三浦の爽快さ
【2008/11/30 】   恵理子      トラックバック(0)   コメント(0)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-56.html
記事内のユーザータグ

 今朝の朝日新聞でドアラが含蓄のあるコメントしていました。

WBCに関してのコメントを求められ

「今年なら自分が選ばれると思ったが、甘かった。世界的アピールが必要」


なんと中日球団の背景を踏まえて、粋なコメント(厳密には筆談)

なるほど・・・・・

同時に朝日新聞の天声人語ではこうある。
 「人生を振り返るチャンスを作ってもらった」。詐欺で起訴された音楽プロデューサーは、自分を告訴した被害者への感謝を口にしたそうだ。米国は黒人大統領で出直し、バドミントンの「オグシオ」はそれぞれの道へ。心機一転、11月の言葉から
▼オバマ氏当選。「アメリカ史の発展の早さに驚いた」と米国出身で鳥取に住む秋山キャサリンまゆみさん(34)。元広島平和記念資料館館長の高橋昭博さん(77)は「次は核廃絶という、ありえなかったことが現実になってほしい」
▼昇進を機に、しこ名を安馬から改めた日馬富士(はるまふじ)公平さん(24)は「大関の名を汚すことのないよう、いい生き方をしたい」。生き方と大きく出たところに大器の予感。反面教師には不自由しない
▼30回で終了した東京国際女子マラソン。優勝した尾崎好美さん(27)を指導した第一生命監督、山下佐知子さん(44)は「歴史ある大会の最後をこういうふうに飾れて、この世界で頑張りたいという思いがまた強くなった」。来年から舞台を横浜に移す
▼流産や死産を癒やす絵本『ごめんね、ありがとう。』(サンクチュアリ出版)を出したイラストレーター326(ミツル)さん(30)。「悲しみを無理に忘れようと苦しんでいる人たちに届けたい。今の社会は悲しみから目を背け、楽しい側面ばかりを見せようとしている気がするから」
▼10月、通算千回の「勧進帳」を奈良・東大寺で達成した松本幸四郎さん(66)。その夜の満月にしみじみ思ったという。「回数よりも、最高の舞台を何回できたか、今後何回できるかだ」と。


過去の失態を失態として認めない姿勢では時代は進まないものだと思います。
朝日新聞が自虐史観の虜と批判されようとも、こういう意見が出続ける限りは良心ありし人は購読続けるものでしょう。

反面教師は冥王星さんが好きな世界観です。


優しさ・寛容さ
【2008/11/28 】   モダンタイムス      トラックバック(0)   コメント(0)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-55.html
記事内のユーザータグ    倫理       民主主義考察       定義論   

 
「優しい」「寛容」

同僚が私を評して言ってくれる言葉です。
同僚から見れば私は「優しい」「寛容」な人に見えたのでしょうが、私はこの評価が怖くありました。

友人は決して私を「優しい」「寛容」とは言いません。私も自分自身をそのように思ったことはありません。
むしろ私は「厳格」「厳しい」人でありたいと思っています。

なぜ同僚が私をそのように判断したのでしょうか?
その理由を精査してゆく過程で「優しい」「寛容」という言葉が酷くご都合主義的な意味を持つことに気づかされました。

何も期待していない人がどんなに失敗しようが、怒りもしませんし、怒鳴りつけたりしません。
それを第三者は「寛容」「優しさ」と解釈してしまったのです。
確かに、それは一面からすれば、「寛容さ」「優しさ」かもしれません。
しかし、本質的にそれが「寛容さ」「優しさ」ではなく「無関心」「無関与」であろうとする姿勢の結果論に過ぎません。
それですら「寛容」「優しさ」と判断できてしまうのです。
逆に期待している人に対して「冷たい」「厳しい」というような第三者の指摘を受けることが多々あります。
しかし、それは期待する人であるがゆえの「関心」「から来る探究心・愛情のような側面があります。

優しさ・寛容さ、というものを評価する視点が難しいと思えてなりません。
愛情ある中で我慢することが必ずしも優しさ・寛容さではないことも同じことです。
そうやって、考えてゆくと人に厳しい人の方が本当に人間的に素晴らしいような気がしてなりません。
本当に単純に厳しいだけの人もいるかもしれません。
寛容さ・優しさがない人がいるかもしれません。

しかし、相手のためを思っている「優しさ」「寛容さ」というものを第三者がどれだけ評価できるのでしょうか?
よほど、自分をよく知ってくれている第三者でないと「優しさ」「寛容さ」を見抜くことはできないように思うのですが、考えすぎでしょうか?
冥王星さんが
”甘いだけの優しさ”
”無関心であるからの寛容さ”
という言葉をよくよく投げつけます。

私自身が優しく・寛容に思われた時点で危険な対人関係の状況を確立してしまったようです。

イチロー、8年連続のゴールドグラブ賞
【2008/11/08 】   恵理子      トラックバック(1)   コメント(0)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-54.html
記事内のユーザータグ

ニューヨーク(AP) 米大リーグで卓越した守備の選手に贈られるゴールドグラブ賞のアメリカン・リーグ受賞者が6日に発表され、イチロー(シアトル・マリナーズ)が外野手部門で、大リーグでのデビュー以来8年連続の受賞を決めた。

日本のゴールデングラブ賞に当たるMLBの大賞。
イチロー選手が8年連続の受賞です。
とかく、打撃ばかりが話題になるイチロー選手ですが8年の長き間、外野手としてもっとも優れたプレイヤーとして評価されることは、継続と安定性含めて大きく評価されるべきことだと思います。
 しかも、同賞は、監督・コーチ・記者などの玄人さんの評価ですから、客観性と専門性含めて大きく評価されて然るべき話題だと思います。

 中日ドラゴンズの新監督に就任したばかりの落合監督が川合遊撃手を採用したように
目立たない職人芸こそプロのプロとしての見せ場だと思います。

 私が大好きな横浜で長い間セカンドを務めたのローズ選手は打撃・守備と横浜の要となって活躍しました。決して、記憶に残る選手ではないですし、記録に残るとしても地味な選手は多々います。
 しかし、そのような屋台骨を支える選手によって、スタープレイヤーが存在しえることを忘れてはいけないと思うのです。
 
 私の野球論は適当にして、イチロー選手、ゴールドグラブ賞おめでとうございます。
今年は、エラーが8つと多かったようですが、また来年も受賞・ノーエラー選手を期待します。


森祇晶
【2008/11/03 】   恵理子      トラックバック(0)   コメント(0)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-53.html
記事内のユーザータグ

 冒頭からなんですが、冥王星です。
カテゴリですが、同僚の一人で今、冥王星個人ともっとも親しい人です。
 そのうち紹介しますが、今回は特別ということで


私は西武ファンです。
WBC監督の問題で、「森祇晶」さんの名前が全く出ないことに憤慨しています。
 監督実績からして、彼以上の人はいません。
 森監督が常勝西武監督として、輝かしい戦績を残しました。
年度 順位勝率防御率
1986年 1位..581 3.69
1988年 1位 .5893.61
1987年 1位..612 2.96
1988年 1位 .5893.61
1989年 3位 .566 3.86
1990年 1位 .643 3.48
1991年 1位 .653 3.22
1992年 1位 .630 3.52
1993年 1位 .583 2.96
1994年 1位 .594 3.81
西武時代の森監督は、8年間で一度もAクラスを逃したことはありません。
同時に特筆するべきは、スモールベースボールの特徴である守る野球を体現した数字です。
防御率4点を超えたことがなく、2点台という驚異的数字を2年達成しています。

「守って勝つ野球」の生みの親のような森監督
WBC監督として相応しい数字を持っていると思います。
西武時代を経て、横浜監督を二年。
最終的に横浜監督で最下位を経験しますが

監督戦績は通算で
1436試合 785勝583敗68分 勝率.574
リーグ優勝8回、日本一6回
Aクラス10回、Bクラス1回

森監督は、現役監督ではないこと(ブランクがあること)が選考理由に上らなかった要因と思います。

プロ野球の世界は、客観的数字による評価よりも、イメージ論が優先されるものです。
西武の森監督は、常勝西武軍団を作り上げても、球団経営として観客動員できない監督だったことが仇になりました。
本当にWBCで勝つためには、怜悧にイメージ論ではなく客観的数字と実績で人選するべき、と思います。
スモールベースボールの生みの親・成功者としての森監督。
彼ほどWBC監督として、ブランク以外の部分で妥当な監督はいないと思います。






 





サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

最新記事 ×

プロフィール ×
<管理人・著作>
冥王星
け~ね
<著作>
モダンタイムス
NOW PRINT
ワレサ
ジャーマンシェパード
木村屋ジャムパン
先行者
アシスタントS
ヤバイチルノ
アシスタントSの旦那
エラスムス

最新コメント ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

最新トラックバック ×

カテゴリ ×

youtubeで聞けるお奨めBGM ×



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。