FC2ブログ

論題はそこなのか?
検索・フォント調整 ×

スポンサーサイト
【--/--/-- 】   スポンサー広告  
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/?overture" target="_new
記事内のユーザータグ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五輪もスポーツも終わらない
【2008/08/25 】   ワレサ      トラックバック(0)   コメント(0)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-27.html
記事内のユーザータグ

 冥王星さんとモダンタイムスさんの強い要請で転載することになりましたが、
この記事は、五輪だけではなくスポーツというテーマに対しての向き合い方について考えるために必要な比較論だと思っています。
 世間様を皮肉る方向性を含めて加筆したもので、以前の記事とは味付けが異なりますので、ご了承ください。

 「スペシャルオリンピックス」という知的障害者の競技大会があります。
 障害者スポーツでは、一般的に言われるオリンピック以外にパラリンピックがあります。
他にもデフリンピック(視覚障害)などあります。
障害者スポーツは環境的制約の問題が大きい部分もあり難しい問題が競技として付きまといます。
しかし、プロスポーツ競技やオリンピックの拝金主義、国家主義的側面から逸脱できる背景が強く
スポーツマンシップが一番分かるのが障害者スポーツのように思えます。
 スペシャルオリンピックスに関してはその精神性が非常に素晴らしい部分が多々ある。
「いつもどこかで活動している」ということから、Special Olympics と複数形

『いつもどこかで]というのは、”競技はいつも行われている恒常的なもの”ということで4年に一度だけ騒ぐオリンピックを皮肉る意味も、知的障害者スポーツの普及の意識もよく表れている。
Let me win. But if I cannot win, let me be brave in the attempt.

 翻訳するならば
「最善を尽くそう!しかし、勝てなくてもがんばろうとする勇気をください。」とでも訳することができる。
スポーツマンとしての在り方の見本だと思う。
 既存のオリンピックが世俗化して「見る側」にとってのイベントの色合いさえ強くなったことを鑑みれば尚更、障害者スポーツの精神性は輝くものを感じれる。
「参加することに意義がある」というオリンピック精神に基づき、成績の如何に関わらず、すべての競技者が賞賛され、表彰される

この実行の背景には、スペシャルオリンピックは「日常のスポーツトレーニングプログラムの成果の発表の機会」という捉え方があり競技である視座は薄い。
他にも評価すするべき部分を列記すると
競技とトレーニング両面を重要視している
地域毎のスペシャルオリンピックス活動を尊重している
健常者も競技に参加できる
記録、競技成績の到達度の評価がある
大会を支えるボランティア活動が、恒常的な障害者スポーツのボランティア関係者であること
ボランティア参加者に対する敬意を畏敬の念が伴っていること
スポーツを支える周囲の人への感謝も伴うこと

私はどうしても、スペシャルオリンピクスの精神性を知っているせいもあり、
 騒ぎになっているオリンピックが「騒がしいエンターテイメント」としか思えない。
 スポーツは娯楽性があるものだと思うが、スポーツができる喜びなどを全く考えないようなスポーツ選手を認めようとは思えない。芸能人であるとしか思わない。
 
 オリンピックという名称は、国際オリンピック委員会(IOC)の管理権限で、スペシャルオリンピックスもパラリンピックもデフリンピックもIOCの許諾がある。

 今、使われている「五輪」「オリンピック」という言葉は、健常者スポーツの祭典だけであるのか?
という疑問が付きまとう。
 スペシャルオリンピックスが指摘する
「スポーツの恒常性」・「競技ではなくトレーニングとしてのスポーツ」・「スポーツできる喜びへの感謝」「順位ではなく、参加者すべてが評価されること」
これらは五輪精神に相応しくないのか?
私は、五輪精神に相応しいと思う。そして、IOCもオリンピックという名称の使用を許したのである。

パラリンピックも同じである。傷痍軍人のトレーニングとして競技会が発生し、障害者スポーツの祭典として、1964年からオリンピックと同じ周期で行われているイベントである。
 北京でも開催されるし、88年のソウル以降はすべてオリンピックとセットで開催されている。
 
 スポーツ観戦する側のお祭りの五輪と、それに同乗する必要性がある選手達
冷静に考えれば、現代のプロスポーツ選手は結果を求められ、その結果はあくまでも、記録ではなくスポーツ消費者側の評価に過ぎない。
 消費者の評価がなければ、スポンサーも付かないアマチュアスポーツに終わる。
 アマチュアスポーツ選手は過酷な競技環境を強いられ、見世物としてのスポーツではないから一向に評価されないだろう。
 競技によっては、「道楽」とも言われかねない可能性さえある。
 
 見る側が主体的になったスポーツが悪いというわけではない。
見る側が結果論だけでスポーツを論じている姿勢が理解できないのだ。
「次のオリンピック」まで4年もある。その間に世界選手権、オープン選手権大会など別個の大会があるだろう。
 見る側が次のオリンッピックまでその競技を見ないだろうが、競技者は4年後など遠い先の話でもあろう。
 五輪報道の在り方と視聴者の刹那的な「厭世感」「お祭り感」が視聴者として妥当性があるのだろうか?
 競技結果が悪いことは、選手自身の負担で、もっとも辛い思いをしている人を鞭打つように報道することにとても、スポーツを見る人間の視点の汚さを感じる。
 
 「五輪閉幕」という紙面が踊る今日の新聞を見て、
思う。そして紙面や放送では
オリンピックは終わらない、スポーツは終わりません!
なによりも、パラリンピックというオリンピックが残っている!

続いて、パラリンピックが開催されます。オリンピック選手の皆さんお疲れ様でした。
次はパラリンピックの選手を応援しましょう。

という展開がされるべきではないだろうか?

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://janzika.blog64.fc2.com/tb.php/27-79458a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

最新記事 ×

プロフィール ×
<管理人・著作>
冥王星
け~ね
<著作>
モダンタイムス
NOW PRINT
ワレサ
ジャーマンシェパード
木村屋ジャムパン
先行者
アシスタントS
ヤバイチルノ
アシスタントSの旦那
エラスムス

最新コメント ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

最新トラックバック ×

カテゴリ ×

youtubeで聞けるお奨めBGM ×



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。