FC2ブログ

論題はそこなのか?
検索・フォント調整 ×

スポンサーサイト
【--/--/-- 】   スポンサー広告  
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/?overture" target="_new
記事内のユーザータグ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代人の文章に潜む野獣的傾向
【2008/10/07 】   冥王星      トラックバック(0)   コメント(0)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-36.html
記事内のユーザータグ    倫理       民主主義考察   

 整理した記事を書くべきなのだろうが、愚痴としてスルーしてほしいのだが、
よくただ感情を吐露しただけのコメントが出ているのだが、そういうコメントや記事を当人はどう思っているのだろうか?
 人間の感情はそれは尊重されるべきだが、
「私は○○と思った。」というのは小学生の感想文である。
小学生を否定するわけではないが、「○○と思った」という理由・根拠にこそ本当の価値があるのではないだろうか?
 単純に「私は○○と思った」という事実関係だけで、お互いに同族意識や価値観の共有化を図るような傾向があるが、それが組織化して果たして健全でありえるだろうか?
 冥王星はそうは思わない。何より、<「○○と思った」理由・根拠>という問題でお互いに共通認識には立てることはあっても、結果論だけで組織化しても、やがて分裂するのは目に見えている。
 「○○と思う」という政治意見は尊重されるし、しかし、<「○○と思う」理由・根拠>さえ語れない言動が説得力を持つものではない。いや・・むしろ、その程度の感情論は、その感情論を組織化して正当化する目的があるのだろう。
 感情論を共有化して大多数になれば、それが正しいと規定できる民主主義というものは、そのような暴走過程を歴史的に歩んでいるのも否定できない事実である。
 しかしながら、その陳腐な感情論も理由・根拠を問い続けることで様々な問題点が浮かび上がってくるものである。
 そもそも、その問題点を解決するためにも議論があるのだが、ただ「○○と思う」という理由・根拠も出さないでは、それこそ議論の余地はないのである。
 むしろ、そのような「○○と思う」という感想文は議論からの逃避というべきだろう。
 その逃避を悪徳とは言えないが、相互合意によって形成される社会構造を破壊させうる言動という可能性は言えよう。
 もっとも、当人がそのような問題意識がないからこそ、単なる感想文でもいいと思っているのだろう。
 感想文がNGではない。よりNGに近いエゴイズムでしかないというだけの問題でもある。
 同時に、現代社会の哲学・倫理からしても、感想文は単なる堕落にしか過ぎないのも言うまでもないだろう。
 もっとも、現代社会の愚民は直情的な感情論こそ価値があるのかもしれないが・・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://janzika.blog64.fc2.com/tb.php/36-3fa4457d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

最新記事 ×

プロフィール ×
<管理人・著作>
冥王星
け~ね
<著作>
モダンタイムス
NOW PRINT
ワレサ
ジャーマンシェパード
木村屋ジャムパン
先行者
アシスタントS
ヤバイチルノ
アシスタントSの旦那
エラスムス

最新コメント ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

最新トラックバック ×

カテゴリ ×

youtubeで聞けるお奨めBGM ×



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。