FC2ブログ

論題はそこなのか?
検索・フォント調整 ×

スポンサーサイト
【--/--/-- 】   スポンサー広告  
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/?overture" target="_new
記事内のユーザータグ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「愛国心」に想う(改訂)
【2008/10/08 】   冥王星      トラックバック(2)   コメント(0)
この記事のURLhttp://janzika.blog64.fc2.com/blog-entry-42.html
記事内のユーザータグ    民主主義考察       定義論       国内政治       国内法       倫理       安全保障   


 「愛国心」とは何か?
未だに、理解ができない。
国家を愛する心であるというが、現代の日本でいわれる愛国心は「滅私奉公、愛国心至上主義である」と解釈されるが、そういう言動としている当人が、イデオロギー的背景をベースにして、現代の日本の在り方を批判している様相を「愛国心」というのは説得力を感じない。
あるべき国家像の相違点があるので、理解できないものがあるが、
では「愛国心」があることが、国の利益に叶えるのか?という問題でいえば、歴史的には残酷な結果を残す側面もある。
 愛国心という暴走を日本は過激派中国人民の「愛国無罪」に見ることもできるし、テロリズムにも見ることができる。タリバンなどは「愛国心」溢れた義士であり、時には義賊であったりする。
 愛国心を免罪符にするような言動は、まるで「愛国無罪」を叫ぶ中国人・テロリズムで己の思想を実現しようとするタリバンと大差ないだろう。いや、タリバンはまだ己の生命をかけているのだから、必至さが違うし、責任感が全く違うとも言える。
 机上論でどんなに愛国心を叫ぼうとも、その実行実態が伴わないような人間の「愛国心」を評価しようもない。
 「愛国心」ではなく「愛する存在のために」と命を散らす人間の自己犠牲の心は、それは尊いものだと思うが、今の「愛国心」に実態を感じない。
いや・・・机上論で「愛国心のない」と思う人間をたたくために、「愛国心があるべきだ」と勝手に明言して、自由主義的価値観を否定しているに過ぎない可能性もある。
 ワレサさんは東欧の亡国の人間で、国防では予備役についている。
歴史的にポーランドと言えば、朝鮮半島の歴史以上に、独立性を保つために血汗を流し、独立を確立した歴史がある。
長いポーランドの歴史で多くの愛国者と歴史上に称される偉人がいるが、その中で「ポーランドのため」とは言っても「国家のため」と演説した事例は知らない。
 歴史的に”国家概念”を持ち出せるような背景があるのは、世界史上では、ナポレオンのフランス共和制時代が最初だろう。

 ナポレオンならば「愛国心」を持ち出して兵士を鼓舞した事例があるが、ナポレオンは愛国者とは取り扱われることはない。

 つまり、歴史上で愛国者としての尊称が得られたのは、現代の愛国心とは実態を異にする可能性があるということである。
 あくまでも歴史的な問題であって、愛国者というのは、様々な評価点があるだろう。
しかし、”愛国者であるから正しい”なんて保障はないにも関わらず、愛国者であることを前提にした価値観を振りかざすようになった。
 これを危険視することもあるが、むしろそのマインドの背後にある「「愛国心の本質」というものにこそ問題があるかもしれない。
 
愛国心の実態は、「己のイデオロギーの実現による国家の繁栄でしかない」という可能性である。
つまり、愛国心を持ち出す当人は、”己のイデオロギー以外”での国家の繁栄・国民の幸福は認められないという可能性がある。
その狭量さは別にして、「イデオロギーを目的化した」という末路は、如何にも情けないものがあるだろう。
政治思想は、各人が幸福に生きるための方法を考える手段でしかない。
目的は「各人の幸福の実現である」はずが、知らない間に「イデオロギーの実現が目的化」してしまったのだろう。
それは、愛国心を唱える側にもあるが、その愛国心を否定する側にも突きつけられる問題だろう。
愛国心を否定したとして、手段の否定でしかなく、目的達成のために、愛国心が機能を果たす可能性があるなら、否定する必要性はない・・という現実もあるだろう。

もっとも、愛国心で国民が幸福なった、という事例を知らないし、現代社会の多様性ある幸福感を考えれば、愛国心という思想性での幸福実現は不可能に近いだろうが・・・

同時に理解できないものが他にもあるのだが、 
「国家を愛する心とはどのような心であればいいのか?」という問題がある。
 ストーカーの愛と親子愛は愛であるが、同質ではない。
 無慈悲に愛情を注ぎ擁護することが国家のためになるわけでもないし、その逆に国家に警鐘を鳴らす行為も愛国心である。
 つまり、国家に完全に従属しない愛国心が存在するのではないか?という問題がある。
しかし、現代の愛国心はそのようなものは認めるわけではなく、極論的に国家意思は個人意志を凌駕するという指摘さえ存在するのではないだろうか?
 <
アナーキストは無政府主義者と理解されるが、これは日本の思想限界を明確に例示していると冥王星は思う。
 そもそも、「政府がない」という思想性ではない。政府が行う政治行動は最低限度に収めるべきであるという自由主義思想でしかない。
思想体系化すれば、コスモポリタニアン・コミュニタリアン・リバタリアンなどもアナーキストの体系に入るだろう。
 小泉政権の安価な政府論は世界的にいえばは、、リバタリアニズムであり、アナーキズムが母体なのである。
 これは、何も冥王星だけの認知ではなく、世界的な認知であり、むしろ、アナーキズム=無政府主義と解する思想家として評価される部類を知らない。
 もっとも、社会学者などは思想史をまともに履修しないで社会システム論に流れた評論家もいるので、アナーキズムの誤解があるのは仕方ないが、アナーキズムの誤解は日韓独自の傾向であることは、多くの人が論じる部分である。
 アナーキズムについての説明になったが、アナーキズムは国家を否定するものであり、「愛国心」というベースはない。しかし、愛国心というベースのない思想性から、小泉政権のベースがあるというのは皮肉なことであろう。
 「国家よりも家族を愛する心が優先した場合、国家のためにはならないことをやることも許される。」という価値観もあるコミュニタリアンの組織主義・家族主義的な思考であるが、これは「愛国心」ではないと断定することもできない。
 愛国心とは当人がそれは「国のためになる」と思っている思想に過ぎないものであり、それが「国のためになる」保障などない。
 もっとも、そういう保障もないのに、持論を正当化し、それを否定する論理を「非国民」と否定した結果が敗戦と解される状況なのだが・・・・
 非国民をレッテルを貼られた冥王星の祖父母は正しく戦争の結末を予言した。予言したというよりも、歴史的経験知やロジスティクスなどの論理で政治的に勝利できないという主張をしていた。
 非国民である祖父母は「愛国心がなかった」わけではない。
 彼らは愛国心があったからこそ、地元で反戦運動を行い、間違った道を進む日本を憂いていた。
しかし、彼らに突きつけられたものは、「非国民」という結果論とは逆の事実だった。
 祖父母は自分達の主張が理解されなかったことを恥じているようだが、正しかったことは歴史的事実であっただろう。
 祖父母を非国民とナジッタ自称「愛国者」は結果論でアメリカに日本を売った売国奴なのである。

笑えない皮肉であると同時に、非国民という批判の空疎さを例証しているのである。
 拉致家族会を支援する行為が愛国者だという人は、かの問題で国家が危機にならされている側面をどう弁明するのだろうか?
 拉致問題を優先することによって、世界の安全保障が蔑ろになった日本の政治の状況を他の国が暗に批判したことがある。
 しかし、そんなことは直情的な拉致問題優先とする国民には届きようがないことである。
彼らは戦中に「非国民」とナジッタ国民と同じく、日本国の安全を蔑ろにした「売国奴」なのである。
 拉致問題という小さな問題と、日本国だけではなく世界を巻き込む安全保障の問題では優先順位が違うのは当然だろう。
 そもそも、自分達の安全が蔑ろになっても、拉致問題を解決したいならば、単身で北朝鮮に乗り込めばいいはずだ。
 拉致問題を優先するために、他人の安全保障まで犯すような姿勢を世界は冷笑しているのである。
冷笑している事実は、明確化されないのは拉致被害者家族を思っての配慮であるが、心中にあるのは冥王星だけではない。それこそ、外交現場の当事者の口からも発せられているのだ。
 外交音痴で優先順位さえ客観的に冷静に判断できない拉致問題を優先する民意には、売国奴というレッテルが似合うだろう。
 むしろ、拉致被害者という私権の射程を重んじて、世界的公益性を蔑ろにした日本外交の結果論的な罪は深いだろう。
 もっとも、世界の誰も批判しないわけではない。批判しようとも届かないだけである。

 結局は愛国心とは、国家を建前として自己論理を正当化する論理のない人間の弁明手法なのではないだろうか?
 プライオリティさえ決めれない・目的と手段を摩り替えているだけの外道者が語るが「愛国心」なのかもしれない。
 「『愛国心』とは心にあるもので、口に出すものではない」

という言葉があるがその通りだろう。言葉にするより、行動で示せという感覚もある。
言葉を実態化・具現化するには行動が必要であるが、愛国心ある識者が愛国行動したという判断が断定できるとは思えない。
 パトリオッティズムを否定しない。しかし、その人の言説が本当に国のためになるとは限らないことを精査して判断できるようになるべきだろう。

愛する心は表記されないという愛国者がいるが、さて、そうだろうか?
そもそも、愛の表現の形態は様々で物品でそれを表現することが可能である。
ただ「愛しています」ということで愛国心なら、ポーズだけで済むわけで、ポーズだけなら誰でもできる。
その程度のものが「愛国心」でもあろうとは言われても仕方ないほど、愛国心という言葉は抽象的かつ具体性がないものであることは言うまでもない。

 なにもしないで心で思っていれば、それが愛国心になる。非常に便利な方便ではないだろうか?私の尊敬する愛国者のコシューシコは、国家のために私財を売却し、己の生命を賭して活動し、敗れ去った。このような人間から「愛国心」を体現されれば理解もしよう。
しかし、何もしないで心だけを叫ぶ輩は、所詮は、口だけというそしりを免れない。
満員電車で立っている妊婦さんを目の前にした人間があとになって
「譲るつもりだったんですよ」
という心はあったんですよ、という弁明をしたケースがある。
愛国心という心はこの程度でもありえるのだ。

辛辣に表現すれば、自称「愛国者」よりも多くの税金を納めている「非愛国者」はどれだけ国家に寄与しているのか・・
ネットに生息する愛国思想の強制者は概して、ニートの可能性を感じる。そんな彼らが税金をどれだけ納めているのだろうか?
物理的な愛国の証明さえ愛国者は自分の正当化としてプレゼンしない。
銀河英雄伝説で「ヨブ・トニューニヒト」という戦争煽動政治家がいる。
彼は、対立する体制への戦争を煽るが、彼自身が兵役につくわけでもなく、彼の親族も兵役になく、彼は後方支援もしない。銃後で一人己の安全を図っていた政治家として作中で批判されるが、
彼は自称「愛国者」だった。
こういう愛国者もありえることは、銀河英雄伝説の田中芳樹氏の見解なのだろう。

上滑りな「愛国心」という言葉の本質はこの作中にあるのではないだろうか?

「愛国心」を否定するわけではない。
しかし、それを自認する以上は、それなりの対価を果たしていないでは、まったく説得力さえないし、同時に、本当の意味で国家のために犠牲を払った人の「愛国心」とは別物であり、本当の「愛国者」への冒涜になる可能性もある。
自分を「愛国者」として規定し、それを強制する人間の胡散臭さと具体性のなさはネットでも良く見ることではあるが・・・・・・・・
言葉の上滑り虚実さなどは「愛国者」の売りな可能性を示唆できるかもしれない。
「愛国無罪」などという言葉を否定している「愛国者」を見ると滑稽極まりないのだが、当事者はそれも理解できないほど、耽溺し思考停止しているのであるが、指摘すれば逆上する、理解できない、というオチが経験でも理解できているので、しないだけのことである

最後に、愛国者として著名な偉人に
「コシューシコ」・「コッシュート」の両名様へ

お二人の時代の「愛国」とは概念が違う現代の「愛国心」はイデオロギーとしての自己正当化の擬似的理論武装ですが現代社会の「愛国心」は国という肖像が違います。
お二人にとっての愛国心とはその地域と地域の人民愛に基づくものでしょうが、
今の愛国心とは「己のイデオロギーの正当化のための愛国」というものです。
そんな上滑りな愛国心という言葉とお二人の「愛国心」が一緒にされることはありません。
だから、お二人は静かに母国の英雄として、人民の幸福を願ってください。
愛国心の実態は、「己のイデオロギーの実現による国家の繁栄でしかない」という可能性である。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://janzika.blog64.fc2.com/tb.php/42-ed2f4296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私書箱

池袋の私書箱の紹介です 激安!池袋の私書箱新規オープンです【2008/10/08 16:30】

日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティサイト!

ハッピーメールは、日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティー番組です。年中無休のサポートセンターを完備し、お客様のフォローも万全です。又、24時間会員登録が可能です!信頼され続けて20年。ハッピーメールはコチラハッピーメールは、画像とテキスト、そ... 時給百円未満【2008/10/08 19:49】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

最新記事 ×

プロフィール ×
<管理人・著作>
冥王星
け~ね
<著作>
モダンタイムス
NOW PRINT
ワレサ
ジャーマンシェパード
木村屋ジャムパン
先行者
アシスタントS
ヤバイチルノ
アシスタントSの旦那
エラスムス

最新コメント ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

最新トラックバック ×

カテゴリ ×

youtubeで聞けるお奨めBGM ×



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。